有効的に防犯カメラを使って防犯対策をしよう

your house now safety

安全を確保する手法

普及の一途を辿るイモビライザー

自動車は便利な道具であることに加えて高額な商品でもあることから、持ち主以外の者から盗難に合う危険性を抱えております。 従来から、基本的な機能としてドアを施錠しエンジン始動も物理的な鍵によって行う盗難防止策が採用されておりましたが、車の持ち主以外が不正に開錠することはそれほど難しいものではないため盗難の被害が増える傾向にあったのです。 そうした背景から自動車メーカーが採用したりアフターパーツのベンダーが提供するようになったのがイモビライザーというものです。 イモビライザーとは走行不能装置のような意味合いを持つ機構であり、自動車側の装置と携帯する鍵との間で暗号化された電子的なIDをキーとして照合することにより、エンジンの始動ロックや解除が可能となっています。 実用化の当初は一部の高級車への採用のみでしたが、現在では普及価格帯の車にも標準搭載されるようになってきている状況です。

メリットの裏にあるデメリットも理解しておく

イモビライザーは、その原理という点からも不正に解除することが非常に困難となっています。 工具を使って物理的な方法で解除することができないだけでなく、機能の核である電子IDは組み合わせが膨大な数に上り、更には暗号化も施されているため極めて解読が難しいものとなっているからです。 ただ、イモビライザーの能力を過信してしまうことは禁物と言えます。 イモビライザーはエンジンの始動を制御する装置であるため、レッカー移動のようなやりかたの盗難を防止することはできず、窓ガラスを割ってカーナビを盗むような行為にも対応はできないからです。 また、車の持ち主が鍵を紛失してしまった際の金銭的負担は、従来のような物理的な鍵と比べて割高となることも認識しておく必要があります。